冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスおすすめ3選を比較!【家族で手軽に美味しさを求めて】

【PR】この記事には広告を含む場合があります。
  • 冷凍タイプ宅食サービスはどんな特徴がある?
  • 人気の冷凍タイプ宅食サービスはどれ?
  • メリット・デメリットはどんなの?

ママが忙しい日常の中、毎日の調理や料理を手伝いたいと考えているパパは多いのではないでしょうか?また、土日だけでも手軽に料理ができないか、考えておられる家族は多いのではないでしょうか?冷凍タイプ宅食サービスは、美味しい食事を手軽に楽しむことができる1つの方法です。

当ブログの管理人

サブスクを使ってズボラなパパでも立派に家事をしたい!そして、家族みんなで仲良く暮らしたい!

「ズボラ・手軽」をキーワードに宅食サービスとウォーターサーバーに着目し日々勉強中。

現在は、週末になる家族みんなで冷凍弁当・惣菜を食べてワイワイ楽しんでいます。

一緒に良いモノに出会っていきましょう!

いっかく

この記事では、家族向け冷凍タイプ宅食サービスのメリットやデメリット、人気ランキング、注文・使用感・選び方のポイントなど、すべての情報をまとめております。

この記事を読んで実践をして家族全員が楽しんでいる食事の時間を手に入れましょう

  • 冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスは、家族向けも設計されているサービス。
  • 家族人数、年齢構成、健康志向、アレルギーなどに、自分の家族に合ったものを選ぶことが重要。
  • 家族向け冷凍タイプ宅食サービスは、「nosh(ナッシュ) >>」・「三ツ星ファーム >>・「Oisie Dining>>」がおすすめ3種類。

健康に気をつけるならnosh(ナッシュ)三ツ星ファーム!おいしさを求めるならOisie Diningがおすすめです!

目次

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスで便利な食生活を実現できる

image-12-2-2

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスの概要

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスとは、調理済みの食材や料理を冷凍保存したものを宅配するサービスです。

その特徴は次の通りです。

  • 手間のかかる調理や買い出しを省いて、簡単・便利な食生活を実現できる。
  • 調理済みの食材や料理が手軽に利用できる。
  • 食材のバリエーションが充実している。
  • 1人用から家族用まで存在するので、人数や年齢に合ったサイズやバリエーションを選択できる。

「冷蔵宅食」は、調理済みの食材や料理を冷蔵保存したものを宅配するサービスです。冷凍タイプの宅食と異なり、保存期間が短いというデメリットがあります。一方で冷蔵タイプの宅食は、食材や料理のフレッシュさがあります。

冷凍タイプ宅食サービスは、人数や年齢に合ったサイズやバリエーションを提供しています。料理のバリエーションも充実していて、手軽に食生活をサポートしてくれます。

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスの利便性と安全性

利便性が高い
冷凍宅食サービスは、柔軟な配達エリアと配達時間で利便性が高いです。
多くの宅食サービスが全国対応しており、指定された時間帯に届けられます。
利用者のスケジュールに合わせやすいのが特徴です。
宅配サービス市場は2020年に約2兆円規模であり、利用者が増えることで配達エリアも拡大している。
実例: サービスごとに異なるが、一部では午前中や夕方の指定時間帯に配達が可能であり、利用者のライフスタイルに合わせられる。
広範囲の配達エリアと柔軟な配達時間が宅食サービスの利便性を高め、利用者にとって魅力的である。
栄養面の対応
宅食サービスはアレルギーや栄養面の対応が充実しており、安全性が高い。
アレルギー対応メニューや栄養バランスに配慮したメニューが提供されており、利用者の健康面をサポートしてくれる。
宅配食市場の調査によると、健康志向の高まりにより、アレルギーや栄養面の対応が求められている。
低カロリー、塩分制限などの特別な要望に応じたメニューが用意されており、アレルギー対応や健康維持に役立つ。
アレルギーや栄養面の対応が充実していることは、宅食サービスの安全性を高め、利用者にとって安心できるポイントである。

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスの選び方(家族向け)

家族向け中心に冷凍タイプ宅食サービスを選ぶ基準は次の通りです。

  • 人数や年齢に合った冷凍タイプ宅食サービスを選ぶ。
  • 体(栄養・アレルギー等)に合った冷凍タイプ宅食サービスを選ぶ。

人数や年齢に合った冷凍タイプ宅食サービスを選ぶ

冷凍タイプ宅食サービスは、家族の人数や年齢に合ったものを選ぶことが大切です。家族全員が満足して食べられるように、適切なサイズ・バリエーションを選ぶようにしてください。

家族の状態に合わせてサービス「サイズ・バリエーション」を選ぶ

家族の人数・状況に応じてサービス「サイズ・バリエーション」を選ぶことが重要です。
例えば、小さいお子様用サービスや、大人向けのサービスなどです。

家族の体に合う冷凍タイプ宅食サービスを選ぶ

体やアレルギーなど、家族に合った冷凍タイプ宅食サービスを選んでください。家族全員が健康的で安心な食生活ができます。

食事の栄養バランスを考える
低カロリー、栄養バランスの良い料理が選べるサービスなど。
アレルギー表記を見ながら考える
アレルギーが出にくい体に合う冷凍タイプ宅食サービスを選ぶこと。
例えば、乳製品アレルギーや小麦アレルギーなどに対応したサービス。
サービスに提供されているアレルギー対応の料理を確認すること。
簡単かつ美味しい宅食サービスを選ぶ
健康と同じくらい重要なのが、おいしさ。
冷凍の場合どうしても味が落ちてしまいがち。
なので、冷凍タイプ宅食の中でも子供がモリモリ食べてくれる宅食サービスを選ぶこと。

家族向け中心に冷凍タイプ宅食サービスの場合、味はもちろんですが家族の健康やアレルギーも気を使う必要があるので選ぶのを気を付ける必要があります。

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスのメリット・デメリット

image-13-3

冷凍タイプ宅食サービスのメリット・デメリットは次の通りです。

メリット
デメリット
  • 簡単・便利。
  • 料理の質・バリエーションが豊富。
  • 冷蔵タイプより賞味期限が長い。
  • 保存が楽。
  • 値段が手ごろ。
  • 自炊より費用が高い。
  • 食べたくないものも届くことがある。
  • 配達に関する不安がある。
  • 食材の鮮度に対する不安がある。
  • 外食や出前に比べて味が劣る傾向にある。
  • 冷凍庫の中がいっぱいになる。

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスのメリット

冷凍タイプ宅食サービスは、様々なメリットがあります。

調理が簡単かつ便利。
冷凍タイプ宅食サービスは、レンジ1つで調理ができるので簡単かつ便利。
手間がかからず、短時間で調理ができるのが特長。
より多くの時間を家族と過ごすことができる。
料理の質・バリエーションが豊富。
冷凍タイプ宅食サービスは、料理の質が高く、様々なバリエーションが提供されている。
消費者の多様なニーズに応えるため、新商品開発やバリエーション豊富な商品が増加。
家族全員が美味しい料理を楽しめる。
家族みんなの好みに合った料理が選べるので、飽きがこない食生活が送れる。
冷凍弁当は品質が安定しているので、安心して食べられる。
製造時に品質管理が徹底。
冷凍食品の品質基準が設けられているので、適切な品質管理になっている(出典:日本冷凍食品協会より)。
冷蔵タイプより賞味期限が長い。
1か月以上の間保存ができるので長期で使用できる。
6か月~1年と長期で保存できる宅食サービスも存在する。
ただし、保存期限内に消費することが大切である。
保存が楽
冷凍弁当は長期保存が可能です。
特に近年の冷凍技術により、食品の鮮度が長期間維持されるので、まとめ買いやストックが容易。
また、食品ロスの削減にも繋がります。
冷凍食品の需要は、2020年に5兆円を超え、需要が増加。
自分の好きなタイミングで冷凍弁当を解凍できるので、忙しい日や外食が難しい時にも手軽に食べられます。
値段が手ごろ
一般的な外食や出前に比べて手頃な価格。
冷凍弁当は大量生産が可能であり、コストを抑えやすい。
長期保存ができるため、在庫管理も容易。
冷凍弁当サービスでは、一食あたり500円~1,000円程度で利用可能。

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスのデメリット

冷凍タイプ宅食サービスにはデメリットもあります。

自炊より費用が高い
冷凍タイプ宅食サービスは、家族全員分を自炊するより高い費用がかかる。
食べたくないものが届くことがある。
メニューが限られており、好きなメニューが選べない場合がある。
そのため、サービスを利用する前にメニューやオプションをよく確認する必要がある。
配達に関する不安がある。
冷凍宅食は冷蔵庫で保存する必要があります。配達時間帯や配達状況によっては、冷凍状態が維持できないことがある。
食材の鮮度に対する不安がある。
冷凍宅食は一定の時間冷凍保存されているため、食材の鮮度に対する不安がある場合があります。
外食や出前に比べて味が劣る傾向にある
冷凍しているので、食感が悪くなる可能性がある。
また、出来立てで提供される外食や出前と比べて味が劣る可能性がある。
冷凍庫の中がいっぱいになる
冷凍弁当は袋ではなく、薄いケース。
ケースであるため、重ねることが難しいので冷凍庫を圧迫する。

冷凍タイプ宅食サービスには、食べたくないものも含まれていることがあります。家族みんなの好みに合った料理を選ぶことも大切ですが、それでも食べたくないものもあることがあります。

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスが気になるけど、いきなり定期便で購入するには抵抗がある方は、お試しセットというものがあります。1回きりの注文なので、少し割高ですが自分に合うか見極めることができます。

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスのおすすめ3選と口コミ

image-12-3

家族向け冷凍タイプ宅食サービスのおすすめ3選を知ることで、より良いサービスを選ぶことができます。

おすすめ冷凍タイプ宅食サービスの3つは、多くのユーザーから支持されているサービスです。この3つのサービスを参考に、自分や家族に合ったサービスを選んでください。

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスのおすすめ3選

商品名nosh(ナッシュ)三ツ星ファームOisie Dining
写真
会社概要ナッシュ株式会社
本社:大阪府
設立:2016/6
代表取締役 社長 田中 智也
下株式会社 イングリウッド
本社:東京都
設立:2005/8
代表取締役 社長 黒川 隆介
株式会社オイシエ
本社:東京都
設立:2015/12
代表取締役 社長 林 大吾
料理の種類和・洋・中和・洋・中和・洋・中
累計販売食数5,000万食突破130万食突破2023/6より販売スタート
のため販売食数はこれから!
レシピの数
(期限)
60種類以上
(賞味期限:約6か月~1年)
66種類
(賞味期限:製造から1年)
25種類以上(賞味期限:お届けから
6か月~1年程度)
食材制限糖質30g以下
塩分2.5g以下
糖質25g以下
タンパク質15g以下
カロリー350kcal以下
特になし
メニューの入れ替え毎週3品登場新商品随時メニュー変更無
保存状況冷凍冷凍冷凍
内容量男性の方には少し少ない量男性の方には少し少ない量男性の方には少ない量
容器サイズ少し大きい
『縦16.5cm×横18cm×高さ4.5cm』
少し大きい
『縦17.7cm×横18cm×高さ4cm』
少し大きい
『縦15cm×横19.8cm×高さ3.3cm』
栄養管理方法管理栄養士監修管理栄養士監修特に無し
調理者一流の専属シェフ一流シェフ監修有名ホテルシェフ
注文方法定期コース
メニュー選択自由
定期コース
メニュー選択自由
定期コース
メニュー選択自由
1食あたりの価格6食プラン :698円/食
8食プラン :623円/食
10食プラン:599円/食
7食プラン :896円/食
14食プラン :788円/食
21食プラン:680円/食
6食プラン :760円/食
10食プラン :700円/食
15食プラン :640円/食
1回あたりの発送間隔1週間、2週間、3週間
の中から選択
2週間、3週間、月1
の中から選択
1週間、2週間、3週間
の中から選択
レンジの時間品物によってバラバラ
約5分前後
品物によってバラバラ
約5分前後
品物によってバラバラ
約5分前後
送料※ 地域やコースによって異なる
例:関東では1,056円、関西では913円、中部では979円、
四国では979円、九州では1,078円、北海道では2,145円、
沖縄では2,145円、東北では1,221円~1,331円
一律990円
※沖縄・北海道・一部離島地域は2,500円
基本送料:946円(東京都)
沖縄県:1,980円
支払方法クレジット
PayPalによるクレジットカード
代引き:手数料は572円
後払い(コンビニ支払・銀行振込)
クレジット
amazonPay
クレジット
キャンペーン販売数5,000万食突破記念!:初回300 OFF
お友達紹介3,000円クーポン
そのほか不定期にもらえるクーポン・キャンペーン

継続するほど1食あたりが安くなる
2/27、12:00終了
14食セットが初回
43%OFF!

長期継続で5~10%(1食あたり)安くなる:00終了
14食セットが初回
43%OFF!
リニューアル記念
総額7,000円OFFクーポン
プレゼント!
合計金額
(東京へ発送の場合)
6食プランで5,246円(税込)7食プランで6,794円(税込)6食プランで5,506円(税込)
その他noshギフトとしてお友達などにプレゼントができる
アレルギー表が詳しい
冷凍庫無料レンタルプラン有(条件:14食or21食コース注文、月1回以上配達、購入回数合計が12回以上)

カタログ有
封を開けずに電子レンジで温めることが可能。

国内工場で自社生産!
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る

タイプがそれぞれ違いますが、有名で選ぶならnosh(ナッシュ)、健康で選ぶなら三ツ星ファーム、おいしさで選ぶならOisie Diningが良いかなと思います。

おすすめ1:nosh(ナッシュ)は元祖宅食サービスのイメージを受け付けた

nosh(ナッシュ)の大きなポイントは次の3つです。

  • 累計5,000万食の販売の通り、「宅食サービス=nosh(ナッシュ)」のイメージを植え付けた。
  • 毎週3品新作がでるので飽きない。
  • プレゼントとして送ることができる。

最安値499円/食が今だけ初回365円/食に!

>> nosh(ナッシュ)公式サイトはこちら!

おすすめ2:三ツ星ファーム

三ツ星ファームの大きなポイントは次の3つです。

  • 有名店の料理人・シェフからも評価されるおいしさ。
  • 一食350kcalとカロリー量が低い。
  • 配送料がほぼ一律990円。

今だけ、初回指定14食を申込だけでずっと43%OFF!

>> 三ツ星ファーム公式サイトはこちら!

おすすめ3:Oisie Diningはおいしさを追求している

Oisie Diningの大きなポイントは次の3つです。

  • 味がどれもしっかりしており、美味しい。
  • 有名ホテルシェフが作っている。
  • ハンバーグの肉汁がかなり出てくるのが驚き!!

今ならリニューアル記念で総額7,000円クーポンがもらえる!

>> Oisie Dining公式サイトはこちら!

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスの口コミ

例えば、次のような口コミがあります。

良い口コミ
悪い口コミ
  • サービスによっては調理が簡単。
  • 手間がかからずに美味しい料理が楽しめる。
  • 食材がとても新鮮で、以前には味わえなかった料理も提供される。
  • 配達もスムーズで、家族全員が満足する内容である。
  • サービスによっては費用が高く、手ごろな価格で提供されていない。

全体的には良好な口コミが多いです。

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスのかしこい使い方

image-14-3

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスのかしこい使い方は次の通りです。

賞味期限に注意して使用する
冷凍タイプの宅食は一定期間保存できますが、賞味期限を確認すること。
保存に注意する
冷凍タイプの宅食は必ず冷凍庫の保存すること。
目的に合わせて選ぶ
冷凍宅食サービスは、栄養バランスが良いものから、手軽なものまで様々ある。
家族の人数や年齢、健康志向やアレルギーなどに合ったサービスを選ぶことが大切である。
目的に合わせて、適切なものを選ぶこと。
種類を変えて食べる
同じものを食べ続けると飽きるので、定期的にメニューを変えて食べるようようにすること。
味覚も新鮮さも保たれる
コストパフォーマンスに注意して使用する
家族向け冷凍宅食サービスは、配達料金やサービス料を含めて、コストパフォーマンスを確認すること。
手軽であるが、自炊より確実にお金がかかる
配達日に注意して使用する
配達日時を予め確認し、調理準備をすること。
調理方法を確認して使用する
冷凍タイプの宅食の調理方法を確認し、正しく調理すること。

冷凍タイプ(冷凍弁当)の宅食には電子レンジ意外に湯線で回答するものがあります。おそらく電子レンジが一番簡単です。

冷凍タイプ宅食サービスは、毎日の調理楽しみをサポートするものであり、家族のために時間をかけずに美味しい料理を作ることができます。ポイントをしっかり意識することで、冷凍タイプの宅食を安全かつ美味しく楽しむことができます。

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスをおいしく食べるコツ

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスは、忙しいときや手間をかけたくないときに便利な食品です。解凍や調理の方法によっては、味や食感が損なわれたり、栄養価が低下したりすることがあります。そこで、冷凍弁当をおいしく食べるコツを紹介します。

解凍・調理方法のポイント

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスは、解凍・調理方法によっては、味や食感が損なわれたり、栄養価が低下したりすることがあります。そこで、解凍・調理方法のポイントを紹介します。

電子レンジの使い方
電子レンジは、冷凍弁当を解凍・調理するときに最もよく使われる方法である。
注意点としては、電子レンジで解凍・調理するときは、必ずパッケージの表示に従って時間や温度を設定すること。
パッケージの表示は、その調理で最もおいしくなるような時間配分等になっている。
パッケージに従わないと、食品が熱くなりすぎたり温まらなかったりすることがある。
ただし、電子レンジによっては食品の中心部分が温まりにくい場合があるので、電子レンジの特徴を十分に把握していることが重要である。
鍋やオーブンでの調理
電子レンジ以外にも、鍋やオーブンで冷凍弁当を調理する方法もある。
電子レンジよりも時間がかかるが、味や食感が高いことが多い。
鍋やオーブンでの調理の場合でも必ずパッケージの表示に従って時間や温度を設定すること

.

料理の時短を考えるならまずは、電子レンジをうまく使いこなそう!

アレンジレシピの紹介

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスはそのままでも十分に美味しく食べられます。

少し手を加えるだけで、よりバリエーション豊かに楽しむことができます。

そこで、アレンジレシピの紹介をします。

野菜やおかずの追加アイデア

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスは便利ですが、おかずの量が少ないことが多いです。

そんなときは、冷凍弁当に野菜やおかずを追加することで、ボリュームや彩り、栄養価をアップさせることができます。

例えば、以下のようなアイデアがあります。

  • ハンバーグやチキンカツレツには、サラダやスープを添えると、さっぱりとした味わいになります。
  • パスタやピザには、チーズやベーコン、ハムなどのトッピングを加えると、コクや香りが増します。
  • ご飯ものには、卵や海苔、ふりかけなどを混ぜると、色々な味が楽しめます。
一品料理へのアレンジアイデア

一品料理へのアレンジ方法です。

例えば、以下のようなアイデアがあります。

  • カレーやシチューには、パンやクラッカーを添えると、カレーパンやシチューパイのようになります。
  • ハンバーグやチキンカツレツには、サンドイッチやバーガーに挟むと、ハンバーガーやカツサンドのようになります。
  • パスタやピザには、サラダやスープと盛り付けると、パスタセットやピザセットのようになります。
  • ご飯ものには、お茶碗やお皿に盛り付けると、丼ものやおかずのようになります。

栄養バランスも考えられているので、そのまま食べてもよいです。ただし、時間に余裕があるときは、少しアレンジを加えることでより一層冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスを使いこなすことができます。

最後に:冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスは家族向けにおすすめできる!

image-12-3-3

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスは、独身だけでなく家族向けにもおすすめできるサービスです。このサービスを選ぶ上で重要なポイントは、次の通りです。

人数や年齢、栄養バランス、アレルギーなどに合ったものを選ぶこと。

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスのメリット・デメリットは次の通りです。

メリット
デメリット
  • 簡単・便利。
  • 料理の質・バリエーションが豊富。
  • 冷蔵タイプより賞味期限が長い。
  • 自炊より費用が高い。
  • 食べたくないものも届くことがある。
  • 配達に関する不安がある。
  • 食材の鮮度に対する不安がある。

冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスのおすすめ3選は次の通りです。

ぜひ、冷凍タイプ(冷凍弁当)宅食サービスを利用する際は、家族のニーズやお金の使い方に合ったサービスを選んでください

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次